Only Lyon - 観光とコンベンション

Alexis Jenni

ベルクール Bellecour、リヨネ Lyonnais(リヨンっ子)が集う場所。

アレクシス・ジェニー Alexis Jenni、2011年 リヨン・作家大賞受賞

フランスで三番目に大きな広場、ベルクール Bellecourはリヨネ Lyonnais(リヨンっ子)の生活で欠かせない場所です。

ベルクール広場 la place Bellecourになぜ惹かれるのでしょう ?

この広場に来るのは、特に カフェ・ベルクール Café Bellecour があるので、カフェが私の仕事場です。  ベルクール広場 place Bellecour  は、週に何回かは、カフェの一角で執筆のために来るので、ベルクール広場が大好きですね、とても広く、自然を少し感じられ、ぶらぶらしたり、横切ったり、休憩したり、考え事をしたりします。とても密集した街の中心にある、この広い広場にリラックスしに来ています。

なぜルイ14世の彫刻がベルクール広場の象徴なのでしょう?

まず、馬のしっぽ下が、リヨネの待ち合わせ場所です!この彫像は、逸話からきています。彫刻家のフランソワ・ルモ François Lemotは王の鐙(あぶみ=足を乗せる道具)が抜けている、彼の像が完全でないことを見つけ、自責の念から自殺した…。これは伝説ですが、実際には王はローマ時代を表現しており、ということは、鐙がいらないのです。

リヨンは、ご自身にとって、インスピレーションの源ですか?

私の最初の小説では、リヨネをイメージし、靄がかったリヨンの歴史の話を多く書きました。リヨンの古典は、改革や気候変動のために存在しないのです。また、不安に満ちたニュータウンに囲まれた大都市、現代のリヨンの話も書きました。

とても密着した場所であるため、とても大きな街にのありとあらゆるネタがあり、リヨンは本当にインスピレーションの源ですね。歩いて、10キロの範囲内で、とても美しい歴史地区や非常に近代的な場所など、人気のスポットにいけます。とても刺激的な、本当の都会の風景です!

ご自身にとって、リヨンで最もロマンチックな地区はどこだと思われますか?

曲がりくねった、ラビリンスのように建物の間を通るトラブール traboule(抜け道のような中庭)、この奇妙な建築物のある、 旧市街  V ieux-Lyon, が大好きですね。それは本当に素晴らしい地区です…一般的に、リヨンは多くの驚くような歴史があり、どの建物もその歴史を背後に隠しもつロマンチックな街です。

 

リヨンで強く惹かれること

どこでロンドウイユエット・リヨネーズ l'andouillette lyonnaise(リヨンのソーセージ)とクネル quenelle(川カマスのクネル、クネルとは魚のすり身で作るはんぺんのようなもの)で食べますか?
チュパン通りrue Tupinにある、  ジュハ A u Jura ですね!20年間、時間が少しあればそこに通っていて、アンドゥユイテ andouillette(ソーセージ)ロンドウイユエットでも、クネルでも、それは私たちが求める、 いつ食べても素晴らしい伝統料理です。

ロマンチックな散歩はどこでしますか?

フルヴィエール Fourvièreにある、  ル・パーク・デ・オーター・フルヴィエール le Parc des Hauteurs  で! 公園を歩いてると、街のすぐ上にいるだけなのに、どこか別次元の場所のようです。

どこで、"本物"のリヨネ lyonnaise(リヨンっ子)リヨネに出会えますか?
旧ブルジョアのカトリックのアネ Ainayで、坂道にいる元気いっぱいでクリエイティブな若者たちや、たくさんの子供たちとその家族たち、リヨネのまたとても違った顔がみれます!

どこでパーティーをしますか?
夏はローヌ川のほとりの船から船へ、ビールを飲んでまたビールを飲みます。

どこでリヨンのお土産を買いますか?
フルヴィエールにある、初雪の雪のかたまりを再現したような繊細なスカーフやのシルクのブティックで!

コメントを残す

コメントを残す

全項目必須

予約

Powered by Logo pilgo

Couple sur la place des Terreaux 理想的な週末

Get away from it all with a great weekend break in Lyon!

理想的な週末