Only Lyon - 観光とコンベンション

リヨンの街角..

街の雰囲気に浸るには、歩くのが一番です!

大聖堂とガロ・ロマンの景色が広がるフルヴィエールを出発して、そこから下り、トラブール(抜け道のような中庭)を通り抜ける為に、ルネサンスの旧市街へ、そして河岸を気ままに散歩する。

ベルクール Bellecour、リヨネ Lyonnais(リヨンっ子)の待ち合わせ場所ベルクール広場にある騎馬像、セレスティン劇場 le Théâtre des Célestins、ラ・ブーズ la Bourse、市庁舎 l'Hôtel de Ville、リヨン美術館 le Musée des Beaux-arts、オペラ座l'Opéraなどの新市街 la Presqu'îleの主な観光スポットに行くために、ソーヌ川を渡ってください。アーティストや夜遊びをする人なら、坂道や絹の地区を巡る。

ローヌ川の左岸には、オスマン大通り沿いにテット・ドール公園、現代的なリヨンなら、ラ・シテ・アンターナショナル la Cité Internationale(国際展示場や劇場などがある)、パーデュー la Part-Dieu、さらに南へ、コンフルエンス la Confluence(現代的な巨大ショッピングセンター)。

さらに街を詳しく知るには、ガイドツアーにご参加下さい。

Interview

ベルクール Bellecour、リヨネ Lyonnais(リヨンっ子)が集う場所。

フランスで三番目に大きな広場、ベルクール Bellecourはリヨネ Lyonnais(リヨンっ子)の生活で欠かせない場所です。

Interview

アンドレ・マノウキオン、リヨンを愛する人

クロワ・ルース Croix-Roussien出身、アンドレ・マノウキオンAndré Manoukianがリヨンで強く惹かれるところを紹介します。

Interview

ジェラール・コロンの好きなスポット

ジェラール・コロン、リヨン市長が、リヨンの心となぜ街を愛しているのか語ります!‬

Interview

ルネサンス様式と旧市街

ニコラス・ル・ブルトン ツアーガイド。 中世を専門に、「モンスターカシェ(隠されたモンスター)とガーゴイル(怪獣をかたどった雨水の吐水口)」というツアーを企画。

歴史と逸話の原点となる中世を象徴する場所を数カ所、彼のやり方で旧市街を見せてくれます!‬

Interview

フルヴィエールの丘

エレノア・ポウレ グランド リヨン観光局のガイド

フルヴィエールの丘 la colline de Fourvièreは、リヨンの素晴らしい2000年の歴史を語っています!この古代遺跡は、ガロ・ローマ時代を物語るように、大聖堂の前にはリヨン街全体のパノラマを見下せます。丘の上に登ると街の構造がよくわかりますよ。とても穏やかな場所です。

Interview

サン・ジャン地区 Le quartier Saint-Jean

ジェハー・ハベ Gérard Ravet、クール・デ・ロージュホテル l'hôtel la Cour des Logesのチーフ・コンシェルジュ。

サン・ジャン Saint-Jeanは、フランスで最初のルネッサンスホテル…それは、街の全ての歴史を見てきた、この地区の魂です。

Interview

セレスティン広場 La place des Célestins

ヴァレリー・ハイツ Valérie Heitz、リヨンを愛する、シティ グリーター(街の案内人)

この広場はリヨンのカルチャーライフを象徴する場所です…また広場は、ベルクール広場 la place Bellecourとジャコバン広場 la place des Jacobinsの間にあり、とても賑やかな場所の中心にある穏やかな都会のオアシスです。