Only Lyon - 観光とコンベンション

Gérard Collomb
Le Cube orange à la Confluence
Hôtel de Ville - le Grand Salon
Hôtel de Ville - façade Place de la Comédie
© ©Thierry Vallier
© Brice Robert www.b-rob.com

「リヨンでは、光は魔法です。」‬

ジェラール・コロン‬

ジェラール・コロン、リヨン市長が、リヨンの心となぜ街を愛しているのか語ります!‬

リヨンの中でも、どこを散歩するのが好きですか?

たいていのリヨネ(リヨン市民)と同じように、大河や川が特に好きですね。リヨンは川の都です。また橋の街でもあり、ソーヌ川をまたいだものから大学の橋まで、40〜50の歩道橋があります。それらのおかげで、より水を身近に感じながら、リヨンを訪れることができます。私はソーヌ川のほとりに魅了されますね。ローヌ川よりもワイルドで親しみやすく、ソーヌ川は独特な色をしています。私は新市街が大好きで、リラックスして散歩ができるところですね。日曜日は、新しい地区のコンフルエンス Confluence(現代的な巨大ショッピングセンターなどがある)、この地区だけで50ヘクタールになり、新市街の2倍の面積になるでしょう。最後は、オンチカイユ Antiquailleではリヨンの壮大なパノラマビューが見られます。

 

リヨン独特の特徴は何でしょう?‬

光によって、街は本当に輝いています。太陽が輝いたとき、空はとても明るく輝き、太陽の光が屋根や黄色が微妙に混じ合ったオークルの家を照らしだします。私たちの街が偉大な作家によって黒と書かれた時もありましたが、サン・ジャン Saint-Jeanやクロワ・ルースCroix Rousseはイタリアの色、ローヌ川の建物はグレーと白の単彩のニュアンスで彩られます。多くのこの街の住民は、このような光景を見る機会がよくあると思います。リヨンはコンフルエンスConfluenceのようにヨーロッパ建築の巨匠に造られ、非常に現代的な建物の街にまで進化しています。パー・デューPart-Dieuはエレガントなスカイラインの建物があり、遺産的アイデンティティを強く残したまま、建築家は、現代から未来の街へと、リヨンの独自性に合わせ建築しています。それは歴史的遺産と対話しているようです。フルヴィエール les collines de Fourvièreの丘とクロワ·ルース Croix-Rousseから眺める夕日も素晴らしいです。コンフルエンス Confluenceも素晴らしいですよ!‬

美食では何の料理が好きですか?‬

アントレには、「ヴィオラ Viola」の世界公式チャンピオンの伝統料理が出す、ラ・パテ・オン・クルー le pâté en croûteが特に好きですね!‬
‪メイン料理は、いつ食べても上質な味で美味しい、ヴォライ・デミ・ドリ volaille demi-deuil(鳥料理)も大好きです。‬
‪レストランでは、私はリヨンに数多くある小さなブションBouchon(庶民的なレストラン)に行くのが好きですね、ですが「ラ・メール・ブラジエ la Mère Brazier」で巨匠マチュー・ビアンネの新作料理を味わうのも好きです。最後に、ゲストにリヨンを見せたい時には、オンチカイユ Antiquailleのサイトで予約をして、「クリスチャン・テテドワ Christian Têtedoie」に招待しますね、街の素晴らしい景色を眺めながら、食事をすることができます。‬

写真クレジット:ティエリー・バリエ
コメントを残す

コメントを残す

全項目必須

予約

Powered by Logo pilgo