Only Lyon - 観光とコンベンション

歴史が語り出す時…

リヨン、そこは2000年前からある街です!もちろん、その歴史のなごりがあります!街を散策しながら、簡単にその全歴史の中に浸れます。
リヨンの情熱のある人たちが、この歴史的な街のすべての秘密を明らかにしました。

公式には紀元前43年に街が誕生し、ルグドゥノムのローマの植民地は、美しい街、ガリアの首都となった….その結果、古代遺跡があります。

中世からルネサンス時代の間、繁栄したリヨンの街は、ソーヌ川のほとりに広がります….その結果、ゴシック様式とルネサンス様式が君臨する街となりました。

時間が経つにつれて、街は新市街を得て、ローヌ川を渡たりました。その結果、歴史ごとに、その時代の建築作品、絵画、文学、シルク、そしてグルメやフェスティバルなどを残しています…それらが現代にも引き継がれ、本物の躍動感あふれる文化が残っています!
リヨンの史跡はユネスコの世界文化遺産に登録されました。

Interview

世界で最も偉大なオーケストラ、フランス国立リヨン管弦楽団‬

2011年から音楽監督を勤める、レナード·スラットキンがフランス国立リヨン管弦楽団 音楽監督の日々について語ります。

Interview

リュミエール研究所

ティエリー・フレモー リュミエール博物館のディレクター
この博物館は、30年前に開館し、家族の仕事を通して第七芸術が誕生した場所になり、さらには初めてフィルムを回したリュミエールの映写機があります。

Interview

ユネスコ世界遺産

デニス・トゥルークス 街の2000年の歴史を通じて紹介をする リヨン観光局 局長‬

Interview

織物博物館

マリー・シュファー 織物博物館の修復を担当。輝いた目で、私たちにここで展示されている、たぐいまれな作品たちをわかりやすく情熱を持って紹介してくれます。

展示室は、歴史と独自性のある素晴らしい作品がいっぱいで非常に面白いです

Interview

リヨンの美術館

カミーユ・パンターノ 文化をテーマにしたブロガー‬
‪

リヨンの美術館の特徴は、美術館が内部と同様に外観も美しいこと!

「美術館が内部と同様に外観も美しい」‬

Interview

リヨン美術館

ヴェロニカ·モレノ・ロトゥ リヨン美術館にてアート・メディエーターを勤める‬

フランスで最も大きい美術館の一つ。リヨン美術館は見逃せない傑作を含み、たぐいまれなる貴重なコレクションを展示している。‬

Interview

リヨンの現代アート

ティエリー・ラスパイユ リヨン現代美術館のディレクター

今では、他の場所と同様にリヨンで、創作について特性のある話をすることはできません。

それとは対照的に、情報が伝わる段階では、リヨンではいつも観客が情報を探し出し、見に行くという習慣があります。アートは、リヨネ lyonnais(リヨンっ子)の日常の一部です。

Interview

リヨン ガリア時代の首都

クリスティーン・ベッカー リヨン市の考古学部門 副所長

リヨンは時代の中で欠かせない街、ガロ・ロマン時代を語る美しい街をいまだに維持できてる事に幸運を感じます。ガリア時代の政治、行政首都と主要な経済の中心でした。クロワルースの丘のふもとにある3つのガリアの円形闘技場は、リヨンの歴史で特に象徴的なものです。