Only Lyon - 観光とコンベンション

Thierry Raspail, directeur du musée d'art contemporain de Lyon
Vue de l'expo Keith Haring - © Stéphane Rambaud 2008
Bâtiment du MAC - Blaise Adilon

現代アートは、リヨネ lyonnais(リヨンっ子)の日常の一部である

ティエリー・ラスパイユ リヨン現代美術館のディレクター

ティエリー・ラスパイユ リヨン現代美術館のディレクター

今では、他の場所と同様にリヨンで、創作について特性のある話をすることはできません。

それとは対照的に、情報が伝わる段階では、リヨンではいつも観客が情報を探し出し、見に行くという習慣があります。アートは、リヨネ lyonnais(リヨンっ子)の日常の一部です。

リヨン現代美術館のどのような所が特別なのでしょう?

この美術館のすぐれた特徴は、永続的なコレクションを持っていないということです。アーティストたちがの入念に構築したものを展示し、彼らの作品だけでなく、全体の空間もを構想しています。このようにして、3ヶ月ごとに、リヨン現代美術館 MACは新しい美術館になります。これはきっと26歳以下の観客が52%であり、美術館を持続的に見に来ている理由の一つです。

リヨンは現代アートの創作に関して活気のある都市でしょうか?

不思議なことにリヨンは、長い間この街はつねに先をいっていたのに関わらず、創作に関して少し厳格であるイメージがありました。60年代には、秋のアバンギャルドなショーを発表しました。リヨンは、初めて街にリヨン現代アート施設 l'ELACを造った街でもあり、ペハッシュ駅に全ての旅行者が入ることができる、完全無料のアートの施設を造りました。それ以来、ビルバンヌに現代アート美術館が開館され、現在ではFRAC(地域現代アート基金)の場所になります。そして今では、すべての国際的な認められた組織があり、研究所、美術館、美術学校だけでなく、美しくダイナミックでクリエイティブな中で、共にビエンナーレで働いています。

現代アートについてリヨンの特徴はありますか?

今では、他の場所と同様にリヨンで、創作について特性のある話をすることはできません。それとは対照的に、情報が伝わる段階では、リヨンではいつも観客が情報を探し出し、見に行くという習慣があります。アートは、リヨネ lyonnais(リヨンっ子)の日常の一部です。そのうえ、リヨンには、先を行く非常に芸術的な駐車場によって、ヨーロッパで参考にされるようになりました。ここは清潔なだけでなく、明るく、バックにはクラシック音楽が流れ、それだけではなく、とりわけとても美しい芸術作品が展示されているのです!この芸術の伝統は、街中で日常的に見つけることができ、例えば、アントニオ・ポンセ広場では、ビエンナーレの名残として、現代アーティストのチェ・ジョンファの「花樹 l'arbre à fleurs」を楽しむことができます。将来的には、ソーヌ川の再整備計画があり、この芸術の伝統を組みこむ必要があります。

コメントを残す

コメントを残す

全項目必須

予約

Powered by Logo pilgo

Map
gmap