Only Lyon - 観光とコンベンション

Joseph Viola
Label Bouchon Lyonnais
Daniel et Denise
Daniel et Denise 2

リヨンのブション bouchon(庶民的なレストラン)のレシピ

ジョセフ・ヴィオラ Joseph Viola、ブション ダニエル・エ・デニス Daniel et Denise bouchonのオーナーシェフ

フランスの最優秀シェフ、2009年パテ オン クルート pâté en croûte(パテのパイ包み)の世界チャンピオン、ジョセフ・ヴィオラ Joseph Violaは、ダニエル・エ・デニス Daniel et Deniseのリヨンの美食を色彩豊かにしました。リヨンのブション bouchon(庶民的なレストラン)のレシピを教えてくれます。

どこで 「本物の」リヨンのブションかわかりますか?

ブションはリヨンの財産の一部です。キッチン、お店の内装、とても特別な雰囲気です!メニューは、 - 自家製 - ラ・テット・ドゥ・ボ la tête de veau (子牛の頭)、ロンドィユエット l’andouillette(リヨンのソーセージ)、タブリエ・ド・サプール Tablier de Sapeur(牛胃にパン粉をつけて揚げたリヨンの名物料理)、クネル quenelle(川カマスのクネル、クネルとは魚のすり身で作るはんぺんのようなもの)やその他にもガトー・ド・フォワ gâteau de foie (レバーでつくったケーキ)などがあり。チェックのテーブルクロス、丸いワイングラス、トーネットの椅子、リヨンのポット、木製のカウンターと銅製のリヨンの鍋と、内装はシンプルです。最後に、テーブルの間を雰囲気や飛び交う会話が、最も重要と言ってもいいですね。居心地やがよさそうで、そこに居たいと思うレストランかです。

「ブション・リヨネ bouchon lyonnais」はどのようなラベルですか?

2013年1月から始められ、  ブション・リヨネ bouchons lyonnais  このラベルは、特に外国人の方を対象に、リヨンのブションの品質と信頼性を保証するラベルです。少し 「  メートル・レストラター maître restaurateur  」優れたレストラン経営者の称号 )」のラベルのようですが、これはブション専用のラベルで、これは主に、すべての料理が自家製であることを保証しています。

ダニエル・エ・デニス Daniel et Denise  の名物は何でしょう? 

ダニエル・エ・デニスの名物は、前菜に、名物のパテ オン クルート pâté en croûte(パテのパイ包み)、オムレット・ドュ・キュレ・オ・ク・デクリビース omelette du curé aux queues d’écrevisse(ザリガニのオムレツ)、ラ・サラダ・ドゥ・リ・ダニョ la salade de ris d’agneau(ラムの胸腺サラダ)、レ・ズフ・ムレ les œufs Meurette(卵とベーコンの赤ワイン煮込み)。メインに、とても美味しいブーシェ・ア・ラ・レンヌ bouchée à la reine(パイでつくられたブッシュに、ホワイトソースが入ったもの)、クネル・オ・ブロシェ・ソース・ナンテュア quenelle au brochet sauce Nantua(ナンテュアソースの川マスのクネル)、ボライユ・ドゥ・ブレス・モリィユ・エ・ア・ラ・クレーム volaille de Bresse aux morilles et à la crème(アミガサタケとブレス鶏のクリームに煮)、それだけでなく、ラ・セベル・エ・ル・ホにヨン・ドゥ・ボ la cervelle et le rognon de veau(脳と子牛の腎臓煮)、伝統的なマカロニグラタン gratin de macaronisもあります。 終わりには、 サン・マルスラン・ドゥ・ラ・メール・リチャードSaint-Marcellin de la Mère Richard(チーズ) またはセルヴェル・ドゥ・カニュ Cervelle de Canut (直訳すると絹職人の脳みそ、水切りしたフロマージュ・ブランにエシャロット、シブレットなどのハーブ、にんにくなどを混ぜたもの)デザートには、イル・フロタント・オ・プレリヌ île flottante aux pralines(カスタードクリームにプラリネがかかったメレンゲが浮いたデザート)または ババ・オ・ラム baba au rhum(ブリオッシュにラム酒風味のシロップをしみ込ませたケーキ)があります!

レストランの雰囲気を説明していただけますか?

それは簡単です。夜の始まりはささやきから始まり、食事が進むと、ボリュームがあがりますよ!レストランは、リラックスして、話して、笑えるレストラン…それが完璧なブションです!

リヨネのレシピを教えていただけますか?

簡単なレシピ:ラ・サラダ・リヨネ la salade lyonnaise!まず、レタスは、葉っぱがちぢれていて、新鮮で、柔らかいものでないといけません。ポーチドエッグを作るために、冷たい水の中に3分つけ、次に非常に沸騰した酢水へ、塩は入りません。酢でベーコンの焼き汁をのばしながら炒め、次にクルトンをいれます。お酢のドレッシングには、伝統的なレシピでは調理した卵を加えます。シンプルですがおいしい料理です!

 

リヨンのお気に入りの場所:

どこでロンドウイユエット・リヨネーズ l'andouillette lyonnaise(リヨンのソーセージ)とクネル quenelle(川カマスのクネル、クネルとは魚のすり身で作るはんぺんのようなもの)で食べますか?
クネルは、チュパン Tupin通り  カフェ・デュ・ジュハ café du Jura  ですね、 ローホンサン Laurencin通りにある、。

ロマンチックな散歩はどこでしますか?
よく晴れた日に、クロワ・ルース Croix-Rousseの坂道ですね!

どこで、"本物"のリヨネ lyonnaise(リヨンっ子)リヨネに出会えますか?
日曜日の朝の ラ・クロワ・ルース la Croix-Rousse にある ケ・サン・アントワーヌ quai Saint-Antoine  、 ポール・ボキューズ市場 Hallés Paul Bocuse , のオントナン Antoninのカキのプレート、メール・ヒシャー Mère Richardでリヨネに出会えます。

どこでリヨンのお土産を買いますか?
ヴォワザン Voisin  のクーサン coussin(リヨンの伝統の緑色のマジパンのおか菓子)か、ポール・ボキューズ市場にある コレット・シビリアomette Sibilia (サラミやソーセージ専門店)でお土産を買います!

コメントを残す

コメントを残す

全項目必須

Map
gmap