Only Lyon - 観光とコンベンション

Philippe Husser, directeur du Bistrot de Lyon
Bistrot de Lyon
Rue Mercière - Chez Moss
Rue Mercière

「メルシエール通り La rue Mercière、フレンドリーで陽気な雰囲気」

フィリップ・ウッセー

フィリップ・ウッセー ビストロ・ド・リヨンのディレクター
このリヨンのレストラン街は、あまりが長い歴史はありません。少しずつ、この歩行者専用の道にとても素敵なレストランが集まりました。今では、この街の中心で外せない道で、この通りの中に40軒あります。

メルシエール通りでは何を見つけられますか?

このリヨンのレストラン街は、あまりが長い歴史はありません。ここに建て1974年からオープンした時は、全く違う雰囲気でした…80年代までは、メルシエール通りは売春婦と売春宿で評判の悪い場所でしたが、自治体がこの通りをとても素晴らしく整備しました。少しずつ、この歩行者専用の道にとても素敵なレストランが集まりました。今では、この街の中心で外せない道で、この通りの中に40軒あります。

この通りはなぜそのようになったんでしょう?

観光客やリヨネ lyonnaise(リヨンっ子)はメルシエール通りが大好きですね、ここの雰囲気はフレンドリーでお祭りのようだからです。夏には、全てのレストランが道にテラス席を用意し、とても気持ちがいいですよ、冬は、年末のお祝いのために美しいデコレーションをします。例えばボジョレヌーボーや光の祭典の期間中、この通りで生活する、リヨネのみんなが待ち合わせをする場所にもなります。

最後は、この歩行者専用の道は観光客の方とリヨネに便利な場所にあり、新市街地の中心、ベルクールやテロー広場の間にあり、ショッピング街の真ん中に位置しています。歩いてリヨンを観光される観光客の方には、メルシエール通りは外せません。

メルシエール通りでどんなリヨン名物を味えますか?

この通りは多くのレストランが郷土料理を提供しているので、選べますよ! ル・ソシソ・ショ・アヴェック・セ・ロンティーユ le saucisson chaud avec ses lentilles(レンズ豆と熱々のソーセージ)、レ・ポム・ア・ルイウ les pommes à l'huile (オイルで和えたポテト)、ロンドウイユエット・リヨネーズ l'andouillette lyonnaise(リヨンのソーセージ)ラ・クネル・ド・ブロッシェ la quenelle de brochet (川カマスのクネル、クネルとは魚のすり身で作るはんぺんのようなもの)、ル・ガトー・ド。フォワ・ド・ヴォライユ le gâteau de foie de volaille(鶏レバーをすり潰してメレンゲと合わせケーキの型に入れて焼 いた「鶏レバーのケーキ」)、 ル・ タブリエ・ド・サプール le tablier de sapeur(牛胃にパン粉をつけて揚げたもの)や、ラ・タルト・プラリネ la tarte aux pralines(リヨン銘菓の赤いプラリネを使ったタルト)を味わないと。

しかし、ビストロ・ド・リヨンか、またはモスMossでとても美味しいシーフードを味わうことも、そしてこの通りでは様々な料理を楽しむこともできますよ。今では、なんでも味わえますよ!

コメントを残す

コメントを残す

全項目必須
Map
gmap