Only Lyon - 観光とコンベンション

Balcon d'Ainay © Jacques Leone
Bas-port Gillet © Jacques Leone
Passerelle du Palais de Justice © Jacques Leone
Promenade à Fontaines-sur-Saône © Jacques Leone
© Jacques Leone
© Jacques Leone
© Jacques Leone
© Jacques Leone

リヨン・プロジェクト・ソーヌの流れ

イザベル・ソアレス Isabelle Soares、「リヨン・プロジェクト・ソーヌの流れ」ディレクターのリーダー

散歩のできる芸術作品として、ソーヌ川は、コンフルエンス Confluenceから、ホッシュタイユエ・スー・ソーヌ Rochetaillée-sur-Saôneに合流しています。川沿いの魅力を再発見できる、都市と田舎をつなぐ15キロのウォーキングコースです。

ソーヌ川の再開発プロジェクトを紹介していただけますか?

ソーヌ川 Rives de Saône  のプロジェクトは、2002年にローヌの 川沿い bergs du Rhône の再開発が始まり、川を再生している途中です。川により近く緑の中を散歩できるように、ソーヌ川を利用してグランド・リヨンが、川のすべての魅了を再発見できるように再開発しています。プロジェクトは、川岸や川で様々なことに使われ(カヌー、釣り、ウォーキングなど)そこで築かれているライフスタイル、その全てのライフスタイルに価値を置き維持しています。

このプロジェクトのユニークな所は何でしょうか?

このウォーキングコースは、関連ある芸術家20人と仕事をしています。プロジェクトの最初から設計者と協力して開発され、これらの仕事は完全に歴史と風景の中にとけ込み、ソーヌ川に見とれて立ち止まることができるように、全ての場所が考えられています。赤い糸の美術家 川俣 正 Tadashi Kawamataは線を一つにした6作品を創作したり、他には、自然の木で小屋を建てた作品です。

ウォーキングコースではどのような風景を見ることができますか?

リヨンの街を再発見するために散歩ができ、特に  旧市街 Vieux-Lyon  の町並みを穏やかな雰囲気の川岸からみることができます。次に、ル・バ・ポー・ケ・ジレ le bas-port quai Gilletを通り、その後はとても緑の多い道、もっと田舎的で、ミステリアスな  バーブ島  î le Barbe  に近づくためにカリュイール Caluireを渡り、川岸はフォンテーヌ·シュル·ソーヌ Fontaine-sur-Saôneまで広がり、次に、広い岸辺にはガンゲット guinguettes(郊外の酒場)が迎える、ホッシュタイユエ・スー・ソーヌ Rochetaillée-sur-Saôneです。

次のソーヌ川の再開発は何でしょうか?

ラ・シーコンス・コンフルエンス La séquence Confluence(リヨン・プロジェクト・ソーヌの流れの計画の1つ)で工事が行われています。また、リヨン・プロジェクト・ソーヌの流れの第2期のプロジェクトは、サン・アントワーヌ Saint-Antoineにある既存の駐車場に代わり、ケ・サン・アントワーヌ quai Saint-Antoineの下に新しい地下駐車場の建設を進めることです。取り壊し、2020年までに、川に庭園が建設され、35メートル以上の広さの川岸に大きなスペースを解放します。

コメントを残す

コメントを残す

全項目必須