Only Lyon - 観光とコンベンション

Jean Bernard, guide cathédrale Saint Jean
Cathédrale Saint-Jean
Une gargouille de la cathédrale Saint-Jean
Cathédrale Saint-Jean et Basilique de Fourvière

騒々さから抜けだして、沈黙と静けさを...

ジャン・ベルナール

ジャン・ベルナール サン・ジャン大司教教会のガイド 壁に込められた歴史など、この教会の見所を私たちに紹介してくれます。

サン・ジャン大司教教会を見るには、どこから始めるのが一番いいでしょう?

大司教教会を見たいなら、すぐに入ってはいけません。完全に復元され、素晴らしく壮大な建築物のデザインを見るために、その周囲とサン・ジャン広場から訪れなければなりません。
正面の両側に残る、石に刻まれた320個のメダリオン見ます。そして、入って下さい。
一度中に入ると、中に入るのを急いではいけませんが、中に入る、訪れた人々を見ることが楽しいですね、初めて入った時にする行動の傾向があり、丸天井に目を向けるからです。建造者たちにとって嬉しい反応です。

大司教教会はどのような建築様式でしょうか?

ゴシック様式です。
多くの場合、大司教教会は数十年で建築されましたが、この教会のために建設が200から300年の間続きました。
この教会はロマネスク様式の後陣(壁面に穿たれた半円形、または多角形に窪んだ部分)で始めた後、次にゴシック様式で進められ、少し燃えるように輝く、側面や奥まった所は、すでにルネッサンス時代です。

大司教教会を訪問するのに一番いい時はいつでしょう?

晴れた日に訪れなければいけませんね。光が大司教教会の高い窓を通して、壁や柱を彩ります。
また春の季節に、日が昇る頃も訪れなけばなりません。騒々さから抜けだして、沈黙と静けさを。死を逃れ、永遠の命を。
これらを全て通りぬけて進むと、大司教教会の聖域に行けるでしょう。

コメントを残す

コメントを残す

全項目必須