Only Lyon - 観光とコンベンション

Gilbert Coudène, peintre muraliste, Directeur de Cité Création
Mur peint à Lyon

壁画は、大きな挿絵の入ったリヨンを語る本

ギルバート・クーデン

ギルバート・クーデン 壁画家、都市デザインディレクター

リヨンはベルリンと共に壁画でヨーロッパ主要都市の一つであり、そして壁画の多さは世界のトップ5に入ります。100枚の絵画が、最も人気のある地域を含めて、リヨンの壁を飾り、街が一緒になって盛り上げています。

リヨンはなぜ壁画で知られているのでしょう?

リヨンはベルリンと共に壁画でヨーロッパ主要都市の一つであり、そして壁画の多さは世界のトップ5に入ります。100枚の絵画が、最も人気のある地域を含めて、リヨンの壁を飾り、街が一緒になって盛り上げています。リヨンは、公団住宅の壁に壁画を鑑賞することができ、それは非常にまれなことです!リヨンは30年前から壁画があり、街、地域、住人たちを語ることを、主な目的としながらこのアートを続けてくることができました。

リヨンで最で印象的な壁はどこでしょう?

それはどこもそうですが、地域の生活を完全に表現し、ジェルランの壁にはスポーツ、図書館の壁には本を、トニー・ガルニエ(フランスの都市計画家・建築家)の壁画では、公団住宅の地域の壁にアメリカや、サハ Sarraの壁画を描いています…リヨンのアイデンティティを理解するためには、古代の皇帝クラウディウスから現在のポール·ボキューズ、アッベ・ピエール、ベルトラン・タヴェルニエや、リヨンのすべての有名な人物が描かれているリヨネ lyonnaise(リヨン市民)の壁画を鑑賞しに行くことをお勧めします。カニュ Canutsの壁も見逃せません、なぜならそれが最初の壁だからです。クロワルース Croix-Rousseの歴史を1200平方メートルの壁を使い物語ます。加えて、この歴史はさらに続き、10年ごとに描かれている人物を変えていくようにしています。30年前に描かれた少女が、今は26歳になり、彼女の子供たちと一緒に描かれています!

なぜ、観光客にこれらの壁を訪ずれることをお勧めしますか?

壁画を鑑賞することは、大きな挿絵が入った、リヨンのガイドブックを開くようなものです。人々が壁画を訪ねると、リヨンのアイデンティティ、リヨンのシンボルや、リヨンの価値感など、多くを学べます。観光をこの楽しい訪れ方で、地域を理解でき、さらにリヨネはこの壁画を愛し誇りに思っています。最後に、これらの壁画は、人々は何分か足をとめ、この壁画に出会うことで、街の中でのひと時の休息の時間を与えます。

コメントを残す

コメントを残す

全項目必須
Map
gmap