Only Lyon - 観光とコンベンション

Sacha Mambo

リヨン、新しいエレクトリック音楽の都

サシャ・マンボ Sacha Mambo、リヨンのDJ

シュークレ Sucreの地元のDJ、レーベル・マカダム・マンボ label Macadam Mamboのサシャ・マンボ Sacha Mamboが、リヨンのエレクトリック音楽のニューウェーブを起こします。エレクトリック音楽の新しい形を紹介してくれます。

どのようにしてリヨンは、エレクトリック音楽の街になったのでしょう?

エレクトリック音楽の波は、  ニュイ・ソノー Nuits Sonores (エレクトリック音楽祭)が作られた、10年前に始まりました。ハイ・トーン High Toneのエレクトリックダブ(タブは、レゲエから発祥した音楽手法、および音楽ジャンル)と、DJ アゴリア Agoriaの時代でした。それ以降、エレクトリック音楽祭の中でも一番野心的なフランスの音楽祭になるにまで、ニュイ・ソノー Nuits Sonoresは成長しました。レジデント·アドバイザー Resident Advisor誌によって、第2回世界フェスティバルにランクされました!ニュイ・ソノー Nuits Sonoresは、リヨンのクラブの中で一年中、地元のアーティストたちと共に、素晴らしいプログラム作り出し、真のエレクトリック音楽の文化を発展させ…この3・4年で、リヨンは新しいエレクトリック音楽の都、ヨーロッパの都市の中でもこの名に恥じない街になりました。

Quels sont les clubs incontournables à Lyon ? 

リヨンで外せないクラブはどこでしょう?
リヨンは、   ロンバサード l'Ambassadeル・クラブ・トランスボ le Club Transboラ・プラットホーム la Plateforme 、  ル・ターミナル  l e Terminal  そして、1年前から、  ル・シュークレle Sucre などの素晴らしいエレクトリック音楽のクラブがあります!ル・シュークレは期待している大きなクラブです。ル・シュークレは優れたサウンドシステムと、音楽用にデザインされており、非常に野心的なプログラムを展開しています。 コンフルエンス Confluence (現代的な巨大ショッピングセンターなどがある)を見渡せる広いテラスで、とても美しいクラブで800人まで収容することができます。

リヨンのエレクトリック音楽に行くのに、どのルートをお勧めしますか?

隣接する音楽ストア、グーベジュ Groovedgeとエミール Emileに行く前に立ち寄り、 ブィオイクスイクス Voxx のテラスで飲み始めるのがいいですね。DJを聴きながらディナーのできる、  カフェ・ベルリン Café Berlin をお勧めします。その後は、ル・シュークレで夜を過ごすして…そして、夜を延ばしたい時は、ル・ターミナル le Terminalか、ロンバサード l’Ambassadeで早朝閉まるまで!

いいDJの秘訣は何でしょう?

私が思うのは、ダンサーが何を踊るのか全て知ってるのがいいDJですね。いつもパーティがしたくなるような、シャープな音楽と音楽バランスを保ようにしてます。これはル・シュークレの ソワレ・ディスコ・ホラー soirée disco  rollierのエスプリと全く同じです!

www.le-sucre.eu/fr/agenda 

リヨンのお気に入りの場所

どこでロンドウイユエット・リヨネーズ l'andouillette lyonnaise(リヨンのソーセージ)とクネル quenelle(川カマスのクネル、クネルとは魚のすり身で作るはんぺんのようなもの)で食べますか?

お昼に開いているソーヌ川沿いのビストロか、市庁舎 hôtel de villeにある オ・ガレ Au Garet か レスカッセール l’Escarcelle この2つですね。

ロマンチックな散歩はどこでしますか?
ソーヌ川沿いですね、再開発がされて以来、さらに美しい場所になりました。

どこパーティをしますか?

ル・シュークレ le Sucre、 ル・ターミナル le Terminal 、か  ロンバサード  l ’Ambassade ですね!

どこでリヨンのお土産を買いますか?
リヨネーズの伝統料理が見つけられる ポール・ボキューズ市場 Hallés Paul Bocuse で。

コメントを残す

コメントを残す

全項目必須

予約

Powered by Logo pilgo

Dans cet article

Map
gmap