Only Lyon - 観光とコンベンション

Alexandre Victor-Pujebet
Les berges du Rhône © Jacques Léone
La Passagère sur les berges du Rhône © Tristan Deschamps
Vue des berges du Rhône © Tristan Deschamps

ローヌ川沿いの夜

アレクサンドラ・ビクタ・プジュベ Alexandre Victor-Pujebet、リヨンに移り住んでいるリヨン住民

白鳥の横でアペレティフを飲んだり、ペタンク pétanque(フランスの球技)で遊びながらピクニック、船の窓から新市街の眺めを見ながらダンスする、どれもローヌ川沿いでできます!リヨンのナイトライフをガイドします…

なぜローヌ川沿いに行くのでしょう?

まず、景色が信じられないくらい素晴らしい、クロワ・ルース Croix-Rousse、新市街 la presqu’îleと、最近では、 コンフルエンス博物館 musée des Confluences があります。また遊歩道は、バレーボール、ペタンク、子供用プレイグラウンド、ピクニックのための大規模な芝生が整備されていています。リヨンはこのような場所があって本当にラッキーです。実際の生活空間の中に、リヨンのように水を中心に構築された、フランスの都市の中でも、このような街は多くありません。天気が良い日には、私は夜明けまで、ここで一日を過ごすことができます...

夜に楽しめる場所をお勧めしてもらえますか?

夜の始まりには、ビールとハンバーガーを食べるために、 スターフェリー Star Ferry がお勧めです。平日は、ロックを効きながら、ラム酒が飲める、  ラ・パッサージェー la Passagère 、週末はいいエレクトリック音楽が聴くことができる川の船、踊りに行ける ラ・マーキーズ l a Marquise がお勧めです。また、川沿いの上の方にある、ラ・ビュベット La Buvettegaに寄るのも好きです。

川沿いへの特別な思い出を持っていますか?

最後にあった ニュイ・ソノー Nuits Sonores の期間中、ル・バー・ディストリィクトゥ・ドゥーズ le bar Distrikt XIIが、ギヨチエール橋 pont de la Guillotièreの橋にDJブースがセットされ、大規模な野外ライブが開催されました。10,000人以上の人が集まり、その時の雰囲気はすごかったですよ!

川沿いでは、リヨネ Lyonnaisは驚くることに、セグウェイに乗った警察官、ジャン・ピエール Jean-Pierre、どこの川岸でも有名なチャンピオンのランナーたち、それにヤギを連れた男などがいることに慣れています。リヨン、退屈しない街です!

 

リヨンのお気に入りの場所

どこでロンドウイユエット・リヨネーズ l'andouillette lyonnaise(リヨンのソーセージ)とクネル quenelle(川カマスのクネル、クネルとは魚のすり身で作るはんぺんのようなもの)で食べますか?

アネ Ainayにある、  カフェ・コントワール・アベル Café Comptoir Abel 、私にとっては、とても美味しい料理を出すレストランで、リヨンの伝統料理を食べるには最高のレストランです。

ロマンチックな散歩はどこでしますか?

ソーヌ川沿いに、 ソーヌ川 Rives de Saône .の再開発のプロジェクトの素晴らしい再開発のおかげで、パレ・ドゥ・ジュスティフ Palais de Justiceの新しい遊歩道が特に素晴らしいです。

どこで、"本物"のリヨネ lyonnaise(リヨンっ子)リヨネに出会えますか?

ケ・サン・アントワーヌ quai Saint-Antoine か ラ・クロワ・ルース la Croix-Rousse ,のマルシェ、リヨンっ子の本物のフランス語のアクセントを聞いてください!

どこでパーティーをしますか?

ファイド トゥ グレイ Fade to Grey協会のエレクトリック音楽の夜ですね… ル・シューク Le Sucre と  ル・トランスポー le Transbordeur もいいエレクトリック音楽プログラムをしていますね。

どこでリヨンのお土産を買いますか?
オンリーリオン ONLYLYON、リヨン観光案内所のショップで!

コメントを残す

コメントを残す

全項目必須

予約

Powered by Logo pilgo

Dans cet article