Only Lyon - 観光とコンベンション

Gilles Vesco, Adjoint au Maire de Lyon en charge des nouvelles mobilités urbaines
Station Velo'v
En Velo'v au Parc

ブェロブで、リヨンの雰囲気を感じる時‬

‪ジル・ヴェスコ リヨン副市長

‪ジル・ヴェスコ 新都市交通を担当するリヨン副市長が、リヨンを訪れる一番の方法を教えてくれます。

ブェロブはいつからあるのでしょうか?

リヨンは自転車共有システムのパイオニアの都市です。フランスのどの都市よりも先に、2005年にこのサービスを実施しました。オーストリアのウィーンとノルウェーのオスロの試みにヒントを得て、リヨンで採用・導入をし、地域をつなぐ為に、オスロの2倍の自転車、ウィーンの2倍以上のステーションを使用し、有効的で身近なサービスを行っています。また、変速ギア、良いブレーキ、すぐれたメンテナンスと共に、本当に良い性能を搭載した自転車を提供しています。今では、大成功をし、リヨンとビルールバンヌで4000台のヴェロブが運用され、一日あたり20,000~25,000回利用されています。

‪どのようにしてこのシステムが運用されているのでしょう?

とてもシンプルな運営方法で、使う人はいる場所から最も近い場所で自転車に乗り、そして目的地に一番近い場所にとめます。このシステムがとても便利なのも、リヨンにヴェロブのステーションを多く設置しているからです。このサービスを使用するには、1.5ユーロの1日カードか5ユーロの1週間カード、または15〜25ユーロの年間カードを購入する必要があります。どのカードも、最初の30分の利用は無料です。‬

なぜヴェロブでリヨンを訪ねるのでしょう?

まず、このシステムの設置を乗り越えて、リヨンとグラン・リヨン(ローヌ県内にあるリヨン周辺の都市圏)は自転車専用車線や自転車専用道路でつなぎ、それが街を自転車で縦横無尽に訪れるのをとても快適にしています。ローヌ川の土手ともうまもなくのソーヌ川の河岸の整備は、街の様子を変え、なだらかな道になるように開発しました。それに、ヴェロブが始まって以来、自転車交通量が2倍になり、さらにブェロブは全体の交通量の4分の1になりました!‬
‪今、リヨンで自転車に乗ることが非常に楽しいです。人にあった街です。360度どこでも、自転車に乗って、リヨンの今の活気と雰囲気を感じましょう。

コメントを残す

コメント

Nils Bakke

16/04/2014 11:15

Where can I buy a Day-pass to rent a Velo'v bike?
Maj-Britt Vittrup Nielsen

26/05/2014 11:45

Great! And my boys are 10 and 13 years old - are there bikes for their age too?
Tony Callender

25/05/2016 14:34

Is there a written procedure for daily rental of a velo v?

コメントを残す

全項目必須
Map
gmap